ラージハート

スポーツ

小学校のプールが心配 「水が怖い」という子どもに大人ができること

2023.06.16

6月中旬頃になると多くの学校がプール開きを行い、いよいよ水泳授業が始まります。

就学前に泳げるようになっている子どもは、保護者世代に比べると2倍になっている調査結果もあり、子どもの習い事として水泳を選ぶ人は増加傾向にあるようです。

一方、小学校に入ると体育の一環として水泳授業があり、「水が苦手」「プールが怖い」と感じる子どもや保護者にとっては、心配なことも増えるでしょう。

今回は水を怖がる子どもに対して、その理由や保護者ができることを考えてみました。

なぜ学校の授業でプールがあるの?


そもそも学校にプールが整備され、授業の一環として水泳が取り入れられているのは世界でも珍しいことのようです。

まずは日本の教育面から水泳授業を考えてみましょう。

水泳の授業はいつから始まった?

日本では古くから水の中でも戦える武術として、「水練」の技法が伝えられてきました。

江戸時代以降は水の中で戦う実践機会が減少しましたが、日本各地に水練場がつくられ、各地域の自然や水勢に即した訓練が行われていたようです。

四方を海に囲まれ、河川も多い日本では水泳熱も高く、昭和に入るとほとんどの旧制高等学校や師範学校にプールが設置されたといわれます。

そして1950年代、水泳訓練中や修学旅行中の小中学生が集団で水難事故に遭い、死亡事故につながるケースが相次いだことから、水泳技術の習得を目的に小中学校のプール建設が進みました。

現在では、全国の小学校で87%、中学校では72%の学校にプールが整備され、水泳教育が積極的に行われています。
*文部科学省 平成18年度データより

水泳授業の目的とは?

1950年代以降、全国の小中学校プールが設置され始めると、学習指導要綱には水泳授業に関して、「技能を養うこと」「ある程度泳ぎ続けること」という目標が設けられました。

水難事故をきっかけに広まった小中学校のプール設置だっただけに、「溺れないこと」を第一に考えた指導だったと考えられます。

しかし1970年代以降は「生涯スポーツ」や「健康」といったキーワードが生まれ、「スポーツに親しむこと」や「体を動かす楽しさ」に、より重点が置かれるようになりました。

現在の水泳指導に関しては文部科学省が、

・小学校1〜2年生:水遊び、水慣れ、楽しい活動
・小学校3〜4年生:泳ぐ運動、呼吸をしながら水中を進む
・小学校5〜6年生:泳法の学習(クロール・平泳ぎ)
・中学校1〜2年生:泳法の学習(クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ)
・中学校3年生・高等学校1〜3年生:効率よく長く速く泳ぐ。複数の泳法で泳ぐ(リレーを含む)

と、学年ごとに水泳学習の目標とねらいを定めています。

高校以降の水泳の授業はどうなっているのか

全国の公立高校のプール整備率は64.5%で、小中学校に比べると低いものの、半数以上の学校にプールが設置されていることになります。

高校の学習指導要綱には、水泳授業は必修ではなく「水泳」「器械運動」「陸上競技」などの領域から各学校の判断で選択し、教育内容を決めるとなっています。

また公立と私立によっても水泳の授業の有無は変わります。特に私立の場合は学校の特色が色濃く出るため、水泳授業に力を入れている学校やそうでない学校かによって大きく差があるといえるでしょう。

「泳げる子」と「水が苦手な子」の二極化が進んでいる…?


日本トイザらスの調べによると、小学校入学時に「泳げるようになっている子」の割合は56.1%とほぼ半数。

親世代では29.6%だったことを考えると、近年は小学校入学前に習い事などで泳げるようになっている子が多いことがわかります。

学校の水泳授業は週1〜2回で、天気や温度などで入れないこと考慮すると、1年間で受けられる水泳授業は4〜5回程度。

水に慣れる程度なら十分ですが、「泳げるようになる」には少々足りないように感じている保護者が多いのかもしれません。

また習い事を始める時期が年々早まっていることもあり、スイミングスクールなどに通って泳げるようになっている子どもが増えているようです。

一方、「お子様が水を苦手だと感じることがありますか」という質問に対し、「ある・たまにある」と回答した保護者は40.7%と、4割の子どもに水への苦手意識があるという結果に。

これは「泳げる子」と「水が苦手な子」の二極化が進んでいることを表しているともいえるでしょう。

また「プールの授業を楽しみにしているか」という質問に、小学生は約70%の子どもが「楽しみにしている」と回答しているのに対し、中学生になると楽しみにしている子の割合は約25%と半分以下に減少しています。(ベネッセ調べ)

思春期に入ると、水着になることの抵抗感や日焼けや髪型を気にする生徒が増え、年齢が上がるとともに水泳授業に前向きに取り組めなくなるようです。

「水が嫌い」「水が恐い」と子どもが感じるきっかけや理由は


水が苦手な子どもは、何をきっかけに水を嫌いになり、恐怖心を感じるようになるのでしょうか。

子どもが水に対して苦手意識を持った理由やきっかけについて、考えてみましょう。

お風呂での嫌な体験

自宅や祖父母宅、旅行先などのお風呂で嫌な経験をし、怖い記憶として刻まれてしまうのは最も多いケースかもしれません。

・湯船に落ちてしまった
・溺れて水を飲み、苦しかった
・耳や目、鼻に水が入って嫌な思いをした
・急に顔に水がかかって怖かった
・水が熱すぎて(冷たすぎて)驚いた

など、大人からすると「ささいなこと」でも、子どもにとっては「怖い」「苦手」と感じるきっかけになってしまうようです。

水に慣れさせようとしてわざと顔に水をかけたり、無理に潜らせたりせず、自然に水に慣れるまでゆっくり見守りましょう。

プールや川、海での怖い体験

赤ちゃんの頃は水遊びも大丈夫だったのに、幼い頃のプールや川遊び、海での経験をきっかけに水が苦手になる子もいます。

・プールで溺れかけたり、足をつって怖い思いをした
・ふざけて水に放り込まれ、水を飲んだ
・川や海で流されてしまった
・波をかぶったり、深みにはまって恐怖を感じた

特に自然のなかでは、川の流れや海の波などコントロールできないことが増えます。

ライフジャケットなどを装着するのはもちろん、子どもから目を離さず、安全を確保することは大切です。

ただ親が必要以上に水を警戒しすぎると、子どもも「水は怖いもの」という印象が強くなってしまうので、注意しましょう。

海洋恐怖症になってしまう

海洋恐怖症は、広場恐怖症や閉所恐怖症などと同様の不安障害のひとつに分類されるものです。

海の生物に「襲われるのではないか」と恐怖を感じたり、海の映像を見ただけで不安になったり、息苦しくなることもあります。

幼い頃に行った海で溺れかけたり、流されて帰れなかった経験などから海洋恐怖症になる人が多いようですが、人が溺れている人を見ただけで恐怖心が強く残り、発症することもあるようです。

「水が苦手」はもったいない! 水への恐怖心があると…


赤ちゃんはお腹のなかで羊水に浸かっているので、本来は水への恐怖心は大きくないはず。

水への苦手意識が固定してしまうと、経験できるはずのことができなくなったり、子どもの行動の幅が狭まってしまうこともあります。

水への苦手意識があると、一体どんなことが起こるのでしょうか。

◯ 夏休みのレジャーが減ってしまう

◯ 学校のプールの授業が嫌いになる

◯ 水難事故にあった時に対処できなくなる

◯ 運動や健康促進の機会が減る

夏休みのレジャーが減ってしまう

暑い夏は、水遊びが一番楽しい季節。

湿気の多い日本の夏では、水泳や水遊びで得られる爽快感は気持ちがいいですね。

海も川もプールも苦手となると、夏休みのお出かけや旅行の選択肢が一つ減ってしまいます。

また兄弟姉妹から「プールや海に行きたい」とリクエストされても我慢させることに…。

夏の思い出からプールや海がなくなってしまうのも、残念ですね。

学校のプールの授業が嫌いになる

集団で行う水泳授業は、水が苦手な子にとっては自分のペースが守れずに、より怖い気持ちが強まるかもしれません。

また周囲の子がスイスイと泳ぎ、楽しそうにしている姿を見ると「なぜ自分だけが…」と強いプレッシャーを感じることもあるでしょう。

プールの授業への嫌悪感が高じて、「学校に行きたくない」と登校を渋ることがあるので、子どもの気持ちに寄り添うことが大切です。

水難事故にあった時に対処できなくなる

臨海学校や友人に誘われての旅行など、海や湖などに訪れるのを避けられないこともあるでしょう。

四方を海に囲まれた日本では、飛行機やフェリーなどに乗る機会も多くなります。

万が一水難事故に遭った時、一番怖いのは水への恐怖心からパニックになり、不要に溺れてしまったり他人を巻き込んでしまうこと。

いざという時にも落ち着いて対処できるよう、泳げなくても「体の力を抜いて仰向けで浮く」程度はできるようになっておくと安心です。

運動や健康促進の機会が減る

水泳は筋力トレーニングと有酸素運動の両方を兼ね備えた、非常に優れたスポーツ。

サッカーや陸上などと他のスポーツと併用して行う人が多いのも、肺活量を上げ持久力をアップし、同時に筋トレや怪我予防にもなる効率のよい運動だからといえます。

また適度に行うと喘息が改善したり、怪我後のリハビリなどにも役立つため、運動以外の目的で行われることも多い水泳。

「水が苦手」とプールを遠ざけてしまうと、効率よく体を動かしたり、健康促進のチャンスを逃すことになります。

子どもの気持ちを尊重しながら、5つのサポートで「水」を克服

保護者からすると、「遊んでいるうちに、いつのまにか解消できるのでは?」「思い切って飛び込めば克服できるかも」と思うかもしれません。

しかし「怖い」と思う気持ちは理屈ではないだけに、水への恐怖心克服は最初が肝心です。

大人は気負わず、子どもが自然に楽しく練習を進められるように誘導できるといいですね。

ここでは「焦らないこと」と「環境を整えること」をポイントに、水への苦手意識を少しずつ変えていきましょう。

まずは体の一部から

水を怖がらなくなるには、最初が肝心です。

水遊びの最初の一歩は、手や足の先など体の一部を水につけてみることからはじめましょう。

この時ふざけて顔に水をかけたり、潜らせようとしたり、無理に水に慣れさせようとしないこと。

そして、体にかかっても不快にならない水の温度にしておきます。

「怖い」「危ない」といったマイナスな言葉も大人からはかけないように心がけ、「水遊びは気持ちがいい」「水とは仲良くなれる」と楽しさに注目するようにしましょう。

自由に触らせる

「子どもが水に興味を持ったら、子どもの好きなように自由に水に触らせて、大人は静かに様子を見守るのがベストです。

水がはねて顔にかかったり、冷たくて子どもがびっくりしても、急いで顔をふいたり、「怖くないからね」と慌てて声をかけなくて大丈夫。

そばにいる大人が「水って面白いね」「顔にかかっても怖くない」と落ち着いて対応することで、子どもは安心します。

慣れてきたら、自分から水に入りたがったり、もっと遊びたいと意思表示をするかもしれません。

周囲の子が楽しそうに遊ぶ様子を見て、「仲間に入りたい」と思うこともあるでしょう。

子ども自身の希望で次の段階に進むと、前向きな気持ちで水に親しむことができます。

顔を水につけてみる

最初は水を頬やおでこにつけてみて、慣れてきたら、顔にポタポタと水を垂らしてみましょう。

顔を洗う真似をしてみたり、少しずつ水で濡れる面積を広げていけば、不快感や恐怖心を持たずに水に慣れていきます。

大人も一緒に顔を水につけ、「気持ちいい」「怖くない」と楽しそうな様子を見せると、遊びの延長で水に親しむことができます。

次は息を大きく吸って、口だけを水に浸けてブクブクと息を吐き、また外に出て息をする練習です。

子どもの水嫌いの理由で意外に多いのが、「息ができないから」というもの。

泳いでいても、水に浸かっても息はできることを体感すれば、子どもは安心できます。

水の中で目を開けてみる

顔を水につけられるようになったら、次は水の中で目を開けてみましょう。

「にらめっこ遊び」や「何本指を出してるかクイズ」、好きなキャラクターの絵を洗面器の底に入れて見てみるなど、ゲーム感覚で挑戦できると楽しいですね。

今は学校の水泳授業でもゴーグルを装着することが多く、「水中で目を開ける練習は必要?」と思う人もいるかもしれません。

しかし不意に水に落ちることや、ゴーグルをつけていても水が入ってくることがあるので、「水中で目を開けられる」と子どもが実感し、いざという時にパニックにならなことが大切です。

いよいよ水に潜ってみよう

最初はお風呂やビニールプールなど、足がつくところで頭まで水に潜ってみましょう。

慣れてきたら、プールや海などで大人が両手をつないで一緒に潜ったり、抱っこして潜るなど、少しずつステップを進めることが大切です。

最初は目をつぶったまま、一瞬でも潜れれば大成功。

少しずつ潜る時間を長くして、「次は目を開けてみよう」「それができたら、息継ぎをしてまた潜ってみよう」と徐々に難易度を上げるのがコツです。

子どもの気持ちを尊重しながら進めよう


大人は気にしないような些細なことがきっかけで、「水嫌い」になる子どもは意外に多いものです。

そして「気にするな」「だからダメなんだ」などと言われることで、さらに頑なになり、水から遠のいてしまうでしょう。

・嫌がったら無理強いしない
・子どもの様子を見ながら、ゆっくり段階を進める
・できないことをできるようになったら大げさに褒める
・水が冷たすぎたり熱すぎないように調整する

といったポイントに注意しながら、焦らずに子どもの気持ちが乗って来るのを待ちましょう。

特に暑い日に、水鉄砲などの遊びから始めると、「楽しい」「怖くない」という気持ちになれる可能性が高まります。

子どもに無理強いせず、大人も焦らず、ゆったりと楽しむ気持ちで子どもの水嫌いを克服できるといいですね。

まとめ

・日本の小学校の87%にプールが整備されているが、水泳が授業で教えられているのは世界でも珍しい。
・小学校入学時に「泳げるようになっている子」は、ほぼ半数。
・「お風呂で溺れかけた」といった幼い頃の体験が「水の苦手意識」につながることが多い。
・水嫌いを解消するには、焦らずゆっくり親子で楽しみながら水に慣れるのがよい。

(参考文献)
文部科学省 | 水泳指導の手引き
ベネッセ教育情報サイト | 学校でプールは始まりましたか? お子さまは楽しみにしているようですか?
日本トイザらス株式会社 | 「夏の水遊びに関する意識調査」結果発表
東京新聞 | 高校の水泳授業「なぜ全員参加?」女子生徒の疑問を本紙が取材「プールつらい子もいる」
アデック 知力育成教室 | プロに聞く!「水嫌い」「水が怖い」を克服して、水と仲良くなる方法
未来へいこーよ | 小学校のプールが始まる前に! 子どもの「水が怖い!」をお風呂で克服するコツ

記事一覧に戻る

よく一緒に読まれている記事

無料で非認知能力を測定できます!

バナーをタップすると体験版の測定が可能です。

みらぼ

非認知能力を知ろう

非認知能力とは、IQや学力などとは異なり、社会で豊かにたくましく生きる力と言われる、挨拶・礼儀、リーダーシップ、協調性、自己管理力、課題解決力などのことです。園や学校の先生をはじめ、お子様がいるご家庭のママやパパにも注目され始めている能力で非認知能力を高める教育への関心度が高まっています。

  • 非認知能力とは?
  • 非認知能力が必要とされる理由
  • 非認知能力を高める5つの理由
  • 非認知能力を高める方法

非認知能力を知ろう

非認知能力とは、IQや学力などとは異なり、社会で豊かにたくましく生きる力と言われる、挨拶・礼儀、リーダーシップ、協調性、自己管理力、課題解決力などのことです。園や学校の先生をはじめ、お子様がいるご家庭のママやパパにも注目され始めている能力で非認知能力を高める教育への関心度が高まっています。

  • 非認知能力とは?
  • 非認知能力が必要とされる理由
  • 非認知能力を高める5つの理由
  • 非認知能力を高める方法

ラージハート公式Facebook